神鋼商事 株式会社

神鋼商事 株式会社
image

健康経営

  • 経済産業省と日本健康会議が選定する「健康経営優良法人認定制度」において「健康経営優良法人2023(大規模法人部門)」に認定されました。

健康経営の考え方

  当社の財産たる「従業員」の心身の健康を守り、健全かつ柔軟な職場環境の整備に努めることが、事業活動を推進する上での重要な課題と認識しております。すべての従業員が、心身ともに健康でいきいきと働くことのできる職場になるよう、以下の健康経営宣言を掲げ、今後も健康経営を実践してまいります。

健康経営宣言

  当社は、従業員の健康維持・増進を重要な経営課題と据え、個人の成長や働き甲斐を創出する中で多様性を尊重する企業文化を醸成し、企業の発展を目指します。
 企業理念に掲げる「みんなの幸せ」を実現するため、会社と健康保険組合が協力し、健康増進に向けた取り組みを推進することを宣言します。

神鋼商事株式会社
代表取締役社長 森地高文

推進体制

推進体制

健康経営の具体的な取り組み

当社では、従業員の健康管理も企業の大切な役割の一つと考えており、様々な取り組みを行っております。

<こころとからだの健康>

●健康診断の充実化
健康診断の結果に基づくアフターフォロー、ガン検診・婦人科健診等補助、歯科検診の実施

●禁煙推進
禁煙外来の補助、ニコチネルパッチの無償提供、喫煙室の閉鎖

●感染症対策
マスクや消毒液の配布、会議室にアクリルパーテーションの設置、新型コロナワクチン接種のための特別休暇導入、インフルエンザワクチンの接種代補助

●メンタルヘルスケア
ストレスチェックの実施と高ストレス者へのフォロー、カウンセリングサービス導入、
eラーニングの実施

<働きやすい職場環境づくり>

●さまざまな働き方
フレックス制度や在宅勤務制度の活用、時間年休の導入、服装自由化

●ダイバーシティへの取り組み
女性活躍推進・子育て支援への取り組み、男性社員の育休取得率向上のための社内通知

●長時間労働の防止
就業管理システムにて残業時間を管理(一定基準超の場合、本人・管理職に連絡)

●有給休暇取得促進
リフレッシュ休暇等の導入、有給休暇取得奨励日の設定、目標取得日数の社内通知(2022年度有給休暇取得日数:14.9日/人、2023年度有給休暇取得日数の全社目標:15日/人)

<健康関連データ>

  2021年度実績 2022年度実績
定期健康診断受診率 100% 100%
喫煙率 24.5% 25.5%
適正体重維持者率 67.1% 67.1%
運動習慣比率 29.9% 21.4%
睡眠で休養が十分に取れている者の割合 65.4% 54.3%
ストレスチェック受検率 96.7% 93.5%
ページトップヘ