神鋼商事 SHINSHO CORPORATION神鋼商事 SHINSHO CORPORATION

KOBELCO 神戸製鋼グループ

職場環境向上への取り組み

基本的な考え方

商社にとって従業員とは、新たなビジネスを創出するための重要な人材です。
当社は、そんな従業員の職場環境の改善に注力していきたいと考えております。
また、近年、ダイバーシティへの取り組みが企業には求められています。
性別、年齢、国籍、価値観、性格など、さまざまな違いを尊重し、受け入れ、変化しつづけるビジネス環境や多様化するニーズに最も効果的に対応できる企業でありたいと考えています。

ダイバーシティへの取り組み

ダイバーシティ基本方針

当社は、人種・国籍・信条・性別・障がいなどによらず、雇用の安定と機会均等を基本方針に多様な人材を獲得、登用しております。また女性活躍推進法の施行等の社会的要請に対応するとともに、様々な従業員育成教育・研修の機会を通して、従業員一人一人の自主・自立を促す事を目指し、人間性の尊重、快適な職場環境の確保に努める中、多様な働き方に対応できる人事制度の構築及び会社への貢献度に応じた公正な処遇を進めてまいります。

女性の活躍推進への取り組み

当社は、人材の多様性を活かし、人間性の尊重、快適な職場環境に努める中、多様なニーズに応え、新たな価値を生み出すことを目指しております。
その中でも女性活躍推進の取り組みは、今後も重要課題と位置づけ、2016年4月1日から施行されました「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づく第一次行動計画を以下の通り策定し、これまでの取り組み、活動に加え、より一層の活動を推進して参ります。

第一次行動計画

1.計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日までの5年間

2.課題

新卒採用に占める女性の割合が低い

3.目標

採用者に占める女性比率について、20%以上を目指す。

4.取り組み内容・実施時期

<取り組み1>
女性社員の採用を強化する

平成27年度からの継続施策

●企業説明会等を通じた女子学生求職者に向けた情報発信の強化。

<取り組み2>
女性社員のキャリア形成を支援する

(1)ダイバーシティマネジメント力強化

①平成28年 4月~ 人事部担当役員と女子社員との座談会の検討・実施

②平成28年10月~ ライン部長級を対象とした研修の検討・実施

(2)就業継続を可能性にする職場風土を構築する

①平成28年10月~ 再雇用エントリー制度の検討・新設

②平成28年10月~ キャリア継続休職制度の検討・新設

<取り組み3>
女性社員の成長機会を創出する

①平成27年度からの継続施策
一般職から総合職への転換制度(職群転換)の積極的運用。

②平成28年度からの新規施策
平成28年4月~ 女性総合職向けキャリア研修の検討・実施

<取り組み4>
ワークライフバランスの充実を目指す

(1)平成27年度からの継続施策

①水、金曜日のノー残業デーの徹底

②一斉有給休暇取得日の実施

③リフレッシュ休暇取得の徹底

(2)平成28年度からの新規施策

平成28年4月~ 有給休暇取得奨励日の新設

仕事と家庭が両立した働きやすい職場を
目指しています。

当社は2004年10月より従業員の家族の育児や介護を支援する目的で、従業員の希望により①育児・介護休業、②育児・介護のための時間外労働、深夜業の制限、③育児・介護短時間勤務の中から選ぶことができる「育児・介護休業等に関する規定」を制定し、推進しています。

【制度利用実績(神鋼商事単体)】

また、当社は「仕事と親の生活や介護の両立支援」の取り組みの一環として、介護等の支援を行うNPO法人「海を越えるケアの手」と2012年12月に契約し、法人会員となっております。

(ご参考)
名称 特定非営利活動法人  海を越えるケアの手
所在地 〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2‐4‐9 茅場町大栄ビル5階
認証・設立 東京都認証日付 平成14年5月30日
(東京都認証番号  14生都協市特204号)
成立日 平成14年6月19日
HP http://www.seacare.or.jp

グローバル採用に力をいれております。

当社は2020年度に海外取引比率50%を掲げ、海外拠点の拡充や海外での事業運営型ビジネスを拡大しています。そのための人材戦略の一つとして、日本に在籍する海外留学生の採用を積極的に行っています。また、海外現地法人での現地採用も積極的に行っております。

【外国人採用実績(神鋼商事単体)】

シニアスペシャリスト制度

当社は定年を60歳としていますが、定年退職者のうち再雇用を希望するものはシニアスペシャリストとして会 社の指定する人材関係会社と嘱託雇用契約を結び、当社または当社グループ会社等へ派遣しています。 勤務形態は①通常勤務、②短日数勤務、③短時間勤務から決められ、当社のビジネスに貢献頂いております。

【制度利用実績(神鋼商事単体)】

大規模災害への対策

定期的な防災訓練を行っています。

当社は2007年4月に大規模災害対策規定を策定し、災害発生時における防災、緊急時の体制を取り決めております。また、定期的な防災訓練の実施や防災組織による会議を行い、今後起こりうる被害の最小化に努めています。

携帯電話のWEB上で安否確認を行っています。

また、2011年8月より今後起こりうる大災害に対し早急かつ適切な対応を図るため、「神鋼商事災害情報システム」を運用しております(日本国内)。
このシステムは携帯電話を使用し、震度5以上の地震発生時に、発生地域の従業員が安否連絡を行い、その状況を確認した上で必要に応じた災害情報の収集や行動指示等を行うことができます。

万が一の災害に備え、備蓄品を常備しています。

当社では、万が一の災害に備え、国内各事務所にて災害用備品を常備しています。
また、備蓄品の状況は社内イントラネットに掲載しており、もしものときに事務所のどこにおいているか分かるよ うにしています。

災害時ポケットマニュアルを配布しています。

非常時において最も大切な「安全確保」と「安否連絡」を軸に据えた、カード型の簡易マニュアルを神鋼商事及び一部国内関係会社に勤務するすべての従業員を対象に配布しています。また、従業員のご家族でも活用できるよう、社内イントラネットへの掲載もしています。

海外業務に携わる従業員への安全の確保

当社の海外業務に携わる社員に対しては、社内イントラネット等で外務省の海外渡航情報を掲載する他、状況により、各地の状況にあった注意事項を細かく指示しております。
また、近年海外業務者の増加から、安全確保のための諸施策の強化・充実を図っております。

インターネット環境があれば、海外のすべての地域で閲覧することができます。

従業員の健康管理も
企業の大切な役割の一つと考えております。

当社では、従業員全員を対象に定期的に健康診断を実施し、希望者に対しては産業医、保健師を配し、診断結果の相談ができる機会を設けるなど従業員の健康管理を行っています。
また、近年、経済・産業構造が変化する中で仕事や職業生活に関する不安や悩み、ストレスを感じる労働者の割合が高まり、心の病が増加傾向にあるといわれています。当社では、2007年2月より社団法人日本産業カウンセラー協会と契約しており、一部を除き国内事務所がある地区のカウンセリングルーム(相談室)を利用することができる等、従業員の心の健康管理のサポートも行っております。

top